新規就農を目指す方へ

161004-momvege014

非農家で有機農業希望の新規就農を目指す人に伝えたいこと。

①一年目は計画通りには決して進みません。生活資金は準備しておいてください。

(1年分あると安心です。農業ができない時期はアルバイトでもなんでもするぞという気持ちでいてください)

②農業経験ナシ、研修ナシで就農はキケン。給付金をもらえる研修先で研修が無難。

(研修しながら給付金150万/年をもらい、それを就農に向けて貯金がベスト)

③就農場所が選べるなら、自治体の農業振興課などの農業関係機関の有機農業への理解がどの程度あるか調べるべし。

(有機農業はまだまだ日本ではマイナーな存在です。消費者の立場では有機野菜は市民権がありますが、いざ農業の世界に入ると異端児扱いもザラです。地域によっては下手に有機農業やりますと言いづらい場面もあると思います。理解があるかどうかで支援体制も変化しますのでよく調べる必要があります)

④家族の理解も非常に大事。妻帯者ならまず妻の理解がなければ継続できないと思った方が〇

⑤困ったときに栽培面、支援面、生活面で相談できる人や機関を作るべし。(就農時に困ることはたくさんあります。住居の問題、土地の問題、栽培面、支援ないの?とか仲間はいないのかな?とかそういう時に、こういう問題ならこの人、こういう団体に相談すればいいというのを早めに作っておきましょう)

 

非農家で有機を目指す人はたくさんいますが、断念する人も多いと聞きます。それは理想が高くていいことだけど、無農薬で安心・安全な農産物を作るのは決して簡単なことでもないからです。ベテラン農家でもクスリを使う人が大半ですから初心者には無農薬はとってもハードルが高い。できれば3世代以上の家族同居がいいですよ。子どもに手をかけたいのは山々ですが、多忙時期にはかけられません。おじいちゃん、おばあちゃんに子どもの面倒見てもらえるのが理想です。

ざっと思いつくのはこんな感じですが、またあったらアップしますね。

Top